DUOクレンジングで毛穴汚れにサヨナラできるの?その効果を口コミで徹底調査してみた!

DUOクレンジングで毛穴汚れにサヨナラ!口コミ調査!

スキンケア

生理前の肌トラブルはどうしておきるの?

投稿日:

 

生理が近づくのを肌トラブルで感じることってありませんか?

しかも、生理中やその前後にも肌が敏感になったり吹き出物が出てきたりと、いつもと同じ生活を送っているのに、何故か毎月同じような症状がでて悩んでいる女性は結構多いのでは?

今回は、生理と肌トラブルの関係についてのことに触れてみましょう。

◆生理と肌の状態はどんな関係があるの?

▽生理があるメカニズムには女性ホルモンの分泌との関係が深い

・生理とは別名月経とも呼びますが、元来「妊娠」に備えておこる身体の変化の結果「妊娠」しない場合は、月経(経血)となって次の「妊娠」に備えるように身体の中では「妊娠」するために女性ホルモンの分泌があります。

・女性ホルモンは「妊娠」する時期に合わせて分泌されるホルモンが変わってきたり、分泌量も変化が起こります。

・時期に応じた肌のお手入れをすることで、肌トラブルを抑えたり未然に防ぐこともできるということがありますので紹介しましょう。

◆生理周期と肌に起こる変化

・生理周期は7日間ごとに変化し肌の状態もその時期に合わせて激しく変化しますから、その時期の肌の特徴を知ってお手入れを変えていくことが必要です。

▽月経期(生理中)

・肌を外的刺激から守るバリア機能が弱まるため、わずかな刺激やアレルギー物質への抵抗力が落ちたり、肌も乾燥しやすいです。

▽卵胞期(生理後からの1週間)

・肌のターンオーバーが行われ、古い角質から新しい皮膚へと変わっていく時期ですので、新鮮な肌はトラブルも少なく健康で美しい肌になります。

▽排卵期(その後の1週間)

・再び肌の乾燥が起きやすくその影響で肌のキメが整わなくなり、化粧してもしっくりとこない状態になります。

▽黄体期(生理前の1週間)

・皮脂の分泌量が異常に増えるので、顔に吹き出物が出やすくなります。

◆生理周期の影響を、一番受ける【生理前の肌】

・生理前の1周間は自分ではコントロールできないくらい肌が荒れますが、これにも女性ホルモンの影響です。

▽女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの違い

・生理前の1週間になるとプロゲステロンの分泌が活発になります。

・プロゲステロンの特徴は皮脂の分泌量を沢山促すので、異常に増えた皮脂は毛穴にどんどん詰まってくことで吹き出物ができやすくなってしまうのです。

・他にも人によっては生理前になると甘い食べ物や脂っこい食べ物などが普段以上に欲しくなる人もいるので、こういう食事も吹き出物の原因になります。

・肌質も変化し、少しの刺激にも敏感になっていることを知らずにムダ毛や眉毛のお手入れを行うと肌トラブルが出やすいので、肌には刺激を与えないように心がけましょう。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 ◆肌の手入れを生理周期に合わせる

・生理周期によって肌質が変わることを知り、その時期に応じたお手入れ方法に変えていきましょう。

▽月経期

・肌のバリア機能が弱まり、乾燥しやすい月経期には肌の保湿に重点をおいたお手入れをしましょう。

・具体的には化粧水は濃厚で保湿効果の高い化粧水を使用しますが、そのままでは肌から水分が蒸発してしまうので蒸発予防にクリーム、乳液で保湿効果を高めましょう。

・充分な保湿ができている肌は弱った肌のバリヤ機能を補うことができるという利点もあります。

▽卵胞期

・生理周期に作用される肌の状態が1番良好な時期です。

・肌に刺激を与えるピーリングや角質、美白のお手入れをするのなら、この時期に行うのがオススメです。

・肌へのダメージだけでなく美容成分が肌に浸透しやすい時期でもあるので、通常と違う美容法を行うのにはこの時期がいいでしょう。

▽排卵期

・肌の調子がいい卵胞期以降は、女性ホルモンのプロゲステロンの分泌量が徐々に増えて皮脂の分泌も増えてきます。

・逆に肌自体は乾燥が進んでくるので、ここでは保湿に重点を置いたお手入れをしておくと、潤った肌には皮脂の分泌の影響が出にくいのでしっかりと保湿をしましょう。

▽黄体期

・皮脂分泌量が増えるプロゲステロンの影響を受けやすいので、皮脂分泌を増やす食べものは控え毛穴も清潔にし吹き出物を出さないようにしましょう。

・肌自体は油分の多い状態ですから、化粧品は濃厚な物の使用は避けてサッパリとした使い心地の化粧品を使用しましょう。

-スキンケア

Copyright© DUOクレンジングで毛穴汚れにサヨナラ!口コミ調査! , 2018 All Rights Reserved.