肌質で違う?クレンジングの正しい選び方

メイクをすると必ず必要になるクレンジング。
落とし忘れて後悔したくないので、夜遅くなっても頑張って落としている方も多いと思います。
メイクの油分は通常の洗顔では落とし切れませんよね。
軽いメイクでも日焼け止めだけだった日でもクレンジングは必要になります。
肌質によってはクレンジング剤に向き不向きがありますので、スキンケアの一環としてクレンジング剤について見てみましょう。

◆クレンジングに配合されている成分

クレンジング剤には界面活性剤が多く含まれています。
日用品の中に幅広く配合され、メイクをなじませるために必要な成分なのですが、配合量が多いと肌へ影響することがあります。
肌の中には保湿成分がありバリア機能で覆って守っていますが、界面活性剤が強いと肌質によっては保湿成分が失われやすく、乾燥を引き起こすことがあります。
一方、洗浄力のマイルドなものの場合はメイクを落とし切れず、それが肌トラブルになる可能性もあります。
良い面も悪い面もありますので肌質に合わせて上手にクレンジング剤を選んでいくことが重要になります。

◆肌質によって選ぶ

クレンジング剤のテクスチャーにはオイル、ジェルなど様々な種類があり、使いやすさや好みによって選んでいる方も多いと思います。
クリーミーだったり伸びが良かったりするテクスチャーの違いだけでなく、洗浄力や配合成分、とくにオイル成分や界面活性剤の割合などに違いがあるため肌への負担が変わってきます。
化粧水と同じように肌質に応じて適切なクレンジングを選ぶことで、肌質改善に近づけることが出来ます。
クレンジングを選ぶためにそれぞれの特徴を見てみましょう。

◆クレンジングの種類

▽[1]オイルタイプ

油性成分と界面活性剤が半々になっているためメイクとなじみやすく手軽に使えますが、肌への負担も大きいクレンジング剤です。
濃いメイクの場合はこのような洗浄力が必要だと感じるかもしれませんが、洗浄力が乾燥をひきおこすこともあり洗い上がりもさっぱりしています。
皮脂の分泌状態や肌質、メイクの重さに合わせて使っていきましょう。

▽[2]油性ジェルタイプ

弾力のあるテクスチャーで油分が多く、クレンジング力はオイルと同様に強いタイプです。
ジェルなので肌にのせやすいのですが、界面活性剤の配合量も多く肌の負担も大きいクレンジングです。

▽[3]水溶性ジェルタイプ

油分が少ないタイプのゲル状クレンジング剤です。
注意なのが、油分が少ないものほどメイクとなじませるために界面活性剤の配合量が多くなる点です。

▽[4]リキッドタイプ

水分をベースとしており油分が含まれていないため界面活性剤やアルコ―ルなどの配合が多いクレンジング剤です。

▽[5]クリームタイプ

クリーム状の使いやすいテクスチャーです。
洗い流すタイプと拭き取るタイプがあり界面活性剤が少ないのですが、メイクを落とす力も弱くダブルクレンジングが必要になります。

▽[6]ミルクタイプ

クレンジング力は弱いですが、肌へのなじみが良く肌負担の少ないクレンジング剤です。
洗浄力は弱めですので通常ダブルクレンジングが必要です。

▽[7]シートタイプ

クレンジング剤を質の良い不織布に含ませています。
なじませるだけで簡単に拭きとれるため、その分だけ強い洗浄力を持っています。
入浴できない時、水が使えない状況でも使用でき便利なのですが、肌への負担が大きいクレンジング法です。

◆肌タイプ別のポイント

界面活性剤の配合量については気を付けていきたいクレンジング剤です。
加えて肌質により洗顔やクレンジングのポイントがありますのでご紹介します。

▽乾燥肌

乾燥肌は代謝が落ちていることが多く、バリア機能も低下しやすくなっています。
朝の洗顔はぬるま湯のみでおこない、夜は洗顔料を使ってソフトに洗いましょう。
肌に圧がかからないようにすることがポイントです。

・乾燥肌のクレンジング剤

乾燥肌には刺激の強いオイルやジェルなどのクレンジング剤は不向きです。
洗浄力がありながら界面活性剤の量が少ない「クリームタイプ」が一番のおすすめです。
また、乾燥による肌荒れが気になる時にはオリーブ油でのクレンジングもおすすめです。
毛穴の角栓が取り除かれてメイク汚れも落ち、スッキリします。
ただしオリーブ油の精製度によっては酸化しやすいなどの心配があるため、洗顔用のオリーブ油を購入しましょう。

▽混合肌

混合肌の方はオイリー肌と乾燥肌の両方の要素がありますので、皮脂の分泌や乾燥が偏って起きています。
基本的にはTゾーンを最初に柔らかく洗い、乾燥しやすい箇所は残りの洗顔料でさっとなでるように洗いましょう。

・混合肌のクレンジング剤

薄つきメイクであれば界面活性剤の配合が少ない「ミルクタイプ」や「クリームタイプ」がおススメです。
ポイントメイクをした時はシートタイプなどで先に落としておきましょう。
肌バランスが崩れやすいため、クレンジングのし過ぎに気を付けていきましょう。

▽オイリー肌・毛穴汚れ肌

オイリー肌や毛穴汚れが見立つ肌は、肌表面の皮脂量が多くなっている状態です。
毛穴から皮脂があふれやすく肌のキメも荒れがちで顔のテカリやベタつきも気になります。
ニキビが出来ている場合などは朝の洗顔の際も洗顔料を泡立てて洗い、保湿をしっかり行ってからメイクしましょう。
毛穴が気になるとメイクも厚くなりがちですが、毛穴が塞がれて皮脂が毛穴に詰まると新たなニキビの原因になるため重ね過ぎないようにしましょう。

・オイリー肌・毛穴汚れ肌のクレンジング剤

オイリー肌は皮膚内の保湿成分が少ないため乾燥を防ぐために皮脂が多く分泌されています。
そのため強めのクレンジング剤は必要な箇所だけ部分的に使用し、顔全体にはクリームタイプのマイルドなクレンジング剤を使用するのがおすすめです。

◆クレンジングの選択

戻れるのなら子どものころのようなキレイな肌に戻って、お化粧不要・クレンジングも不要のお肌になりたいものですね。
今のままで過ごしていたらお肌は年々エイジングが起こりますので、クレンジングも肌質にあった方法で選んでいくことが大切になります。