クレンジングは短時間で?美肌になるクレンジングの選び方

メイクをした日はゆったりクレンジングしていますか。
メイク用品は油性の合成成分で作られているため、落とさずにそのまま長時間放置してしまうと油分や皮脂により雑菌が繁殖したり皮脂が酸化することがあります。
メイクをきちんと落とさないでいると老化が進むと言われているのはこういう汚れの影響が大きいからです。
そのためメイクの油分を適切に落とせるクレンジング剤が必要になりますが、成分が強ければよいというものではありません。
あなたの肌にちょうど良いクレンジングを探してみましょう。

◆クレンジングの種類による注意点

クレンジングにはさまざまな種類がありますね。
ジェルやオイル、クリームなど使い慣れている感触のものを選ぶことが多いと思います。

・[1]ジェル

・[2]クリーム

・[3]オイル

・[4]ホットクレンジング

・[5]メイク落としシート

この感触の違いの中に、配合されている成分の違いが現れているのです。
油分の汚れは、油分で落とすことになるのですが、オイルだけではメイク汚れを洗い流すことができません。
水分と油分を混ぜ合わせるために配合されているのが、界面活性剤です。
安全面を重視して化学的に合成されたものが「合成界面活性剤」ですが、肌に影響がないわけではありません。
成分表示としてはラウリル硫酸〇〇/ラウリル酸PEG〇〇/ステアリン酸〇〇など表記されています。
合成界面活性剤はメイクの油分を浮き上がらせるために必須の成分なのですが皮膚のバリア層を損ねてしまうことがあります。
バリア層が薄くなったり傷んだりすると外部からの刺激にも弱くなり、肌の中の水分も失われやすくなります。
クレンジングにはこのように配合成分の特性がありますので、種類ごとに見ていきましょう。

▽[1]クレンジングジェル

クレンジングジェルには化粧品の油分汚れを洗い落とすため、水と油をなじませる界面活性剤が比較的多く含まれています。
とくに水溶性のジェルは主成分が水のため、化粧品の油分を落とすために洗浄力の強い界面活性剤が多く配合されています。

・注意点

ジェルは肌にのせやすく洗い上がりもさっぱりしているので夏場に好んで使う方も多いと思います。
クレンジングは時間をかけないよう、そっとメイクとなじませたら1分程度で洗い流しましょう。
クレンジングのついでにマッサージするなど長い時間、肌にのせることには向かない成分です。

▽[2]クレンジングクリーム

クレンジングクリームは、クリーム状ですので肌にのせやすくメイクともなじませやすいクレンジング剤です。
肌のバリア成分を必要以上に落とすことがないため、クレンジング剤の中でも一番低刺激で、なおかつ洗浄効果も持ち合わせています。

▽[3]クレンジングオイル

クレンジングオイルは油性成分に界面活性剤を多めに配合させた製品で、オイルのためスムーズにメイクとなじませることができ、成分の力で浮き上がらせて洗い流すクレンジング剤です。

・注意点

肌への負担が比較的大きいクレンジング剤です。
肌表面にクレンジング成分が残ってしまう刺激になりますので、しっかり乳化させてからきれいに洗い流しましょう。
メイクとなじませる際は短時間にして、重いメイクや濃いポイントメイクに使用するのがおすすめです。

▽[4]ホットクレンジング

ホットクレンジングは肌にのせると温かさを感じる温感剤が配合されていて温感によって肌を柔らかくする効果があるクレンジングです。
新しい感触で毛穴効果を謳った製品も新発売されていますので、スペシャルケア用に購入されている方もいると思います。

・注意点

肌を温めて毛穴詰まりを溶かしやすくなるため肌がスッキリしますが、これらの製品には油分や界面活性剤がどうしても多くなってきます。
肌がゴワゴワするときや毛穴汚れが気になる時に効果的なのですが、成分の影響で使用中に刺激を感じることもあります。
配合されている成分によっては肌に合わない可能性もありますので無理に継続せず、毛穴対策にはホッとタオルを使うなどクレンジング方法を変更してみましょう。

▽[5]メイク落としシートは注意点が多い

洗い流すタイプのクレンジング剤とは異なり、汚れを浮き上がらせて落とす方法ではなくシートを使ってスムーズに落とすクレンジング方法です。
使用する際に肌に力がかかることがあるため、目元など皮膚の薄い部分は力を抜いて使用しましょう。
あくまでも、落とさないよりは良いという気持ちで使用回数が多くならないようにしましょう。
特に目もとはコンシーラーやアイシャドウを使うため、メイクをちゃんと落とそうとしてこすりがちになります。
落ちにくい部分にはシートをのせてしばらく置き、成分がメイクの油脂分を浮き上がらせてからサッとふき取ると簡単に落とせます。

◆美肌のための正しいクレンジング法とは?【注意点】

ここで、クレンジングする際の注意点をまとめます。

▽短時間でやさしく

肌表面の表皮層は、わずか0.2mmという薄さで出来ています。
そして肌の上には皮脂膜と呼ばれるバリア機能のための脂分が存在します。
この薄い皮脂膜は肌内部の水分を守るために、必要不可欠な存在です。
クレンジングの際は肌のバリア機能を損ねることのないよう肌表面をなでるようにメイクとなじませ、短時間で洗い流しましょう。

▽洗い流すときの水温

引き締める効果を得るために冷水で洗い流す方もいますが、水温が下がると油分汚れが落ちにくくなります。
反対に温度が高いと肌のバリア成分を傷めてしまうので、心地よいぬるめのお湯を使いましょう。
またクレンジングで落とせるメイク汚れとは別に、石けんの方が落としやすい汚れもありますので、クレンジング後に石けんでダブル洗顔するとすっきりきれいに洗うことができます。
逆にW洗顔不要と表示しているクレンジングの多くは洗浄力が強すぎる可能性があります。
肌への負担が大きくなりますので肌が荒れている時や生理中、敏感肌など、肌質が弱い時期にはおすすめできない種類です。

◆クレンジングの効果を高めるには

▽乾いた手で、顔も乾いた状態で

濡れた手でも使用できるクレンジング剤も増えていますが、油分が配合されているクレンジングは手が濡れているとメイク汚れとのなじみが低下することがあります。
基本的には清潔な乾いた手で使う方が汚れを落としやすくなります。
顔も同様に、乾いた状態でクレンジング剤をのせていきましょう。

▽メイクが落ちやすいのは温まった時

また、肌が温まって毛穴が開いている状態であればメイクも落としやすくなります。
落ちにくいメイクの場合は入浴前にポイント用で落としておき、入浴中して身体が温まってからクレンジングを行うと効果的に落とせますよ。
クレンジング後にはホットタオルを当てながら湯船に浸かり、その後に石けんでダブル洗顔を行うと肌のごわつき感もスッキリします。

◆クレンジングは美肌の基本

クレンジングによりメイクや日焼け止め成分を落としてからがスキンケアのスタートになります。
スキンケアの前の肌が汚れゼロの状態にする方法、それがクレンジングです。
肌ケアの基本であり、クレンジング無しでは効果的にスキンケアすることができませんので、美肌のためにも肌に優しい使い方でクレンジングを活用していきましょう。

メイクをした日はゆったりクレンジングしていますか。
メイク用品は油性の合成成分で作られているため、落とさずにそのまま長時間放置してしまうと油分や皮脂により雑菌が繁殖したり皮脂が酸化することがあります。
メイクをきちんと落とさないでいると老化が進むと言われているのはこういう汚れの影響が大きいからです。
そのためメイクの油分を適切に落とせるクレンジング剤が必要になりますが、成分が強ければよいというものではありません。
あなたの肌にちょうど良いクレンジングを探してみましょう。

◆クレンジングの種類による注意点

クレンジングにはさまざまな種類がありますね。
ジェルやオイル、クリームなど使い慣れている感触のものを選ぶことが多いと思います。

・[1]ジェル

・[2]クリーム

・[3]オイル

・[4]ホットクレンジング

・[5]メイク落としシート

この感触の違いの中に、配合されている成分の違いが現れているのです。
油分の汚れは、油分で落とすことになるのですが、オイルだけではメイク汚れを洗い流すことができません。
水分と油分を混ぜ合わせるために配合されているのが、界面活性剤です。
安全面を重視して化学的に合成されたものが「合成界面活性剤」ですが、肌に影響がないわけではありません。
成分表示としてはラウリル硫酸〇〇/ラウリル酸PEG〇〇/ステアリン酸〇〇など表記されています。
合成界面活性剤はメイクの油分を浮き上がらせるために必須の成分なのですが皮膚のバリア層を損ねてしまうことがあります。
バリア層が薄くなったり傷んだりすると外部からの刺激にも弱くなり、肌の中の水分も失われやすくなります。
クレンジングにはこのように配合成分の特性がありますので、種類ごとに見ていきましょう。

▽[1]クレンジングジェル

クレンジングジェルには化粧品の油分汚れを洗い落とすため、水と油をなじませる界面活性剤が比較的多く含まれています。
とくに水溶性のジェルは主成分が水のため、化粧品の油分を落とすために洗浄力の強い界面活性剤が多く配合されています。

・注意点

ジェルは肌にのせやすく洗い上がりもさっぱりしているので夏場に好んで使う方も多いと思います。
クレンジングは時間をかけないよう、そっとメイクとなじませたら1分程度で洗い流しましょう。
クレンジングのついでにマッサージするなど長い時間、肌にのせることには向かない成分です。

▽[2]クレンジングクリーム

クレンジングクリームは、クリーム状ですので肌にのせやすくメイクともなじませやすいクレンジング剤です。
肌のバリア成分を必要以上に落とすことがないため、クレンジング剤の中でも一番低刺激で、なおかつ洗浄効果も持ち合わせています。

▽[3]クレンジングオイル

クレンジングオイルは油性成分に界面活性剤を多めに配合させた製品で、オイルのためスムーズにメイクとなじませることができ、成分の力で浮き上がらせて洗い流すクレンジング剤です。

・注意点

肌への負担が比較的大きいクレンジング剤です。
肌表面にクレンジング成分が残ってしまう刺激になりますので、しっかり乳化させてからきれいに洗い流しましょう。
メイクとなじませる際は短時間にして、重いメイクや濃いポイントメイクに使用するのがおすすめです。

▽[4]ホットクレンジング

ホットクレンジングは肌にのせると温かさを感じる温感剤が配合されていて温感によって肌を柔らかくする効果があるクレンジングです。
新しい感触で毛穴効果を謳った製品も新発売されていますので、スペシャルケア用に購入されている方もいると思います。

・注意点

肌を温めて毛穴詰まりを溶かしやすくなるため肌がスッキリしますが、これらの製品には油分や界面活性剤がどうしても多くなってきます。
肌がゴワゴワするときや毛穴汚れが気になる時に効果的なのですが、成分の影響で使用中に刺激を感じることもあります。
配合されている成分によっては肌に合わない可能性もありますので無理に継続せず、毛穴対策にはホッとタオルを使うなどクレンジング方法を変更してみましょう。

▽[5]メイク落としシートは注意点が多い

洗い流すタイプのクレンジング剤とは異なり、汚れを浮き上がらせて落とす方法ではなくシートを使ってスムーズに落とすクレンジング方法です。
使用する際に肌に力がかかることがあるため、目元など皮膚の薄い部分は力を抜いて使用しましょう。
あくまでも、落とさないよりは良いという気持ちで使用回数が多くならないようにしましょう。
特に目もとはコンシーラーやアイシャドウを使うため、メイクをちゃんと落とそうとしてこすりがちになります。
落ちにくい部分にはシートをのせてしばらく置き、成分がメイクの油脂分を浮き上がらせてからサッとふき取ると簡単に落とせます。

◆美肌のための正しいクレンジング法とは?【注意点】

ここで、クレンジングする際の注意点をまとめます。

▽短時間でやさしく

肌表面の表皮層は、わずか0.2mmという薄さで出来ています。
そして肌の上には皮脂膜と呼ばれるバリア機能のための脂分が存在します。
この薄い皮脂膜は肌内部の水分を守るために、必要不可欠な存在です。
クレンジングの際は肌のバリア機能を損ねることのないよう肌表面をなでるようにメイクとなじませ、短時間で洗い流しましょう。

▽洗い流すときの水温

引き締める効果を得るために冷水で洗い流す方もいますが、水温が下がると油分汚れが落ちにくくなります。
反対に温度が高いと肌のバリア成分を傷めてしまうので、心地よいぬるめのお湯を使いましょう。
またクレンジングで落とせるメイク汚れとは別に、石けんの方が落としやすい汚れもありますので、クレンジング後に石けんでダブル洗顔するとすっきりきれいに洗うことができます。
逆にW洗顔不要と表示しているクレンジングの多くは洗浄力が強すぎる可能性があります。
肌への負担が大きくなりますので肌が荒れている時や生理中、敏感肌など、肌質が弱い時期にはおすすめできない種類です。

◆クレンジングの効果を高めるには

▽乾いた手で、顔も乾いた状態で

濡れた手でも使用できるクレンジング剤も増えていますが、油分が配合されているクレンジングは手が濡れているとメイク汚れとのなじみが低下することがあります。
基本的には清潔な乾いた手で使う方が汚れを落としやすくなります。
顔も同様に、乾いた状態でクレンジング剤をのせていきましょう。

▽メイクが落ちやすいのは温まった時

また、肌が温まって毛穴が開いている状態であればメイクも落としやすくなります。
落ちにくいメイクの場合は入浴前にポイント用で落としておき、入浴中して身体が温まってからクレンジングを行うと効果的に落とせますよ。
クレンジング後にはホットタオルを当てながら湯船に浸かり、その後に石けんでダブル洗顔を行うと肌のごわつき感もスッキリします。

◆クレンジングは美肌の基本

クレンジングによりメイクや日焼け止め成分を落としてからがスキンケアのスタートになります。
スキンケアの前の肌が汚れゼロの状態にする方法、それがクレンジングです。
肌ケアの基本であり、クレンジング無しでは効果的にスキンケアすることができませんので、美肌のためにも肌に優しい使い方でクレンジングを活用していきましょう。